映像美と想像力で楽しむ環境音ASMR~センス溢れるSound Forestの世界観

ASMRの体験談 - 環境音
映像美と想像力で楽しむ環境音ASMR~センス溢れるSound Forestの世界観

体育館の床に、テーンテンテンとボールが跳ねる音。

吹奏楽部のチューニング音。

運動場を走るサッカー部のザッザッザという軽い足音に、野球部の元気な掛け声。

教室の窓は開け放たれていて、揺れるクリーム色のカーテンの隙間からは放課後のおしゃべりがまろやかに、溶けるように聞こえてくる。

10年ほど前、就職活動まっただ中だった学生時代。
自分は何になりたいのか、どんな仕事がしたいのか、そもそも何ができるのか、何もできないのではないかと思い悩み、夕方になるとテクテク散歩に出かけ、歩くことで心を整えていた時期がありました。

そんなとき、ふと出会ったのが“学校の音”でした。

卒業してから通ることもなかった通学路。だけど体が覚えているようで、足が勝手に動くんです。大きなブランコのある公園を横切り、真っ白な一軒家の角を曲がり、見えてくる古びた校舎。
そこから発せられる、そこからしか出せない音。

通っていた頃にはなーんにも感じなかったはずなのに、外の世界に出てから聞くと、こんなにも神聖で尊くて、泣けるものなのかと身に沁みました。

もうこの音の中で過ごすことはできないのだという寂しさと、それに伴う決意のような気持ち。
自分にできることを頑張るしかないじゃないかと、苦しい就活生だった私の背中を押してくれたのです。

時が経ち、あれから10ほど歳をとった今の私は、社会に揉まれ、将来というか老後の不安はありつつも怖いことが減り、随分と図太くなったように思います。

あの頃、喉から手が出るほど欲しかったはずの内定。
それをくれた会社への感謝の灯は今にも消えそう……。そ
んな恩知らずな今の私にも、だけど、“学校の音”はグッときてしまうのです。

どう「グッとくる」かは、そこはもう三十歳を過ぎた大人の心。
その日その日、気圧だったり職場での出来事だったりによりグワングワンと揺れ動きます。

「図太くなったんじゃないんかい」というツッコミはやめてください。
大人ってそういうものじゃない?ときに図太くときに繊細。
だからこそ大人のみなさんには是非、改めて聞いて欲しい、“学校の音”を。

というわけで、ASMRで見つけてきました。

リアル過ぎる思い出の学校の音や永遠と続く放課後の音のASMR

私が心掴まれてしまったのが、こちらの動画です。

窓から見える町の風景。
どこへ行くのか、空を滑るように流れていく雲。風に揺れるカーテン、無造作に並んだ椅子と机。

その映像の美しさと丁寧さに思わず息を飲んでしまいます。
実際の写真ではなくイラストであるというところに、見る人それぞれの“学校”を思い出させる余白があって、想像力をかきたてられます。

そしてそのリアルな音。

ひぐらしはもう、間違いなくその、画面の中の、ほらその窓の外で鳴いてるじゃん!

すぐ隣の席から聞こえてきているような、鉛筆がノートの上を走る音。
すっかり忘れていたはずの、絵が上手だったクラスメイトを思い出してしまいました。

憧れの先輩の似顔絵を描こうというナゾのノリが生まれ、出来上がった絵を前に「ギィャア!」とか奇声を発していたなあ。
捨てるわけにも持って帰るわけにもいかず、その後の処理に困ったなあ。

私の名もなき記憶までをも掘り起こさせてくるこちらの動画ですが、投稿者のSound Forestさんが書く概要欄も素敵なんです。
動画と合わせて是非読んでみてください。

因みに概要欄によると鉛筆の音は、「居残りの宿題を片付ける」音のようです。
先輩の絵を描く音ではなかったですね。

 

『Sound Forest』さんが魅せる魅力的な環境音ASMRの数々

Sound Forestさんが魅せる魅力的な環境音ASMRの数々

『Sound Forest』さんのチャンネルには、ある種の魔力があるように思います。

並んだサムネの美しさ、魅力的なタイトル。気になるものが多すぎて、片っ端から再生ボタンを押してしまいます。

 

粉雪の舞う幻想的な温泉の音で癒される2時間のASMR

こちらは、まさに私の理想の温泉でございます。
掲げられた「幻想之湯」という文字も最高です。

『Sound Forest』さんの動画には、プロジェクターで部屋の壁に大写しにして、そこに「いる」という想像と幻想の世界に浸ることができそうな美しさがあります。

 

雫の滴る真夜中の台所の音のASMR

キッチンじゃありません、台所です。
おしゃれでナチュラルなライフを発信する方たちのお家にあるような統一感あるキッチンではなく、『Sound Forest』さんが表現するのはあくまで「昭和の台所」。
雑然と、だけど使い勝手良くならんだ物の一つひとつに、まるで命が宿っているかのようなリアルさがあります。

 

『Sound Forest』さんのASMRまとめ

大人になってからというもの、どこへ行くにもすぐに車に乗ってしまい、歩くことが随分と減ってしまいました。

ですが『Sound Forest』さんの動画を見ていると、自分の周りに息づく「大切な音」の存在に気づかされます。

10年前に聞いた“学校の音”がそうしてくれたように、たまにはゆっくり、景色や音を楽しみながら歩いてみるのもいいかもなあと、ちょっと前向きな気持ちになるのです。

おわり

 

この記事を書いた人:トマリ菫さん

 

▼今回紹介したASMRチャンネルの詳細
(一部動画がサブチャンネルに移管されました。)

Sound Forest Sub
チャンネル登録者数 3440人
投稿動画数 26本

Sound Forest
チャンネル登録者数 10.3万人
投稿動画数 7本
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )