パンくずリスト
  • ホーム
  • ASMRを知る
  • ASMRを聞くと眠くなる理由をを考察!睡眠との関係性と効果をリサーチ

ASMRを聞くと眠くなる理由をを考察!睡眠との関係性と効果をリサーチ

ASMRを知る
ASMRを聞くと眠くなる理由をを考察!睡眠との関係性と効果をリサーチ

ASMRを聞いていると眠くなる。

私も含めそういう方はとても多いのではないでしょうか?

実際、アスマーリスト(ASMRist)の動画を開いてみると、タイトルに「睡眠用」「睡眠誘導」と入れている人も多く、睡眠を目的に製作している場合もあるようです。

調べてみても、ASMRを聞くことで眠くなる理由は現段階で解明されていない模様です。

しかし、例えばクラシック音楽や生活音、はたまた一定のYouTuberの声を聞いているととても眠くなることがありますよね。

ASMRを聞いて眠くなることは、もしかしたらその他の音を聞いて眠くなることに近いのでしょうか?

今回は、いろんな方面から「ASMRを聞くと眠くなる理由」についてリサーチしてみたいと思います!

脳の状態から見る睡眠と音の関係

脳の状態から見る睡眠と音の関係

以前記事にしましたが、「睡眠と音には深い関係がある」ということをご存知でしょうか?

眠りにつく時、静かな環境だととてもリラックスできますよね。
しかし、実は全くの無音だと脳は不安な気持ちになってしまうことが研究で明らかになっています。

「地球上最も静かな場所」としてギネス記録を持っているミネソタ州オーフィールド研究所の無響室。
ここで行われた実験によると、入室してたったの数分で幻覚を見るなど、脳に異常が出ることが明らかになっています。

そして、実験を通して分かったことは、被験者がこの部屋で過ごすことができたのは最長でも45分。
長くいればいるほど幻覚が強くなったり、吐き気や苛立ち、恐怖感などが膨らむことがわかりました。
この実験によって、完全無音は人間の脳にとってとても危険であることが証明されたのです。

私たちの脳は、寝ている間も音を聞き続けています。
そのため、例え無響室の中で眠ることができたとしても、脳や身体はとてつもないストレスを受けることが想像できます。

こういった実験結果からも、私たちが生きていくためにはある程度の「音」が必要だということがよくわかりますよね。
眠る時も同様に、何かしらの音が聞こえている方が脳も安心するのです。

 

ASMRと音の関係との睡眠の関連性

 ASMRと音の関係と睡眠の関連性

完全無音が危険ということが分かったところで、ASMRが具体的にどのようなものか考えてみましょう。

 

静かでリラックスできる

完全無音が危険といっても、30dB以上の音は騒音となって睡眠に悪い影響を与えてしまいます。

ASMRの音は、静かな環境の中で聴かせたい音だけを収録していることが多いです。
そのため、基本的には「静か」ですよね。
この静かな録音環境が睡眠に必要な「リラックスをする」という要素を生み出しやすくなっています。

 

音が単調で心地良い

ASMRの音は突然大きな音になったり、不思議な展開をしたりといったことがありません。
つまり、脳がびっくりするということが少ないのです。

同じ音を繰り返したり、静かに声を発し続けることで安定した間隔の音が収録され、単調で優しいASMRが完成します。
この単調な音に対し、脳はとても安らぐことができます。
こうしたことが理由で、ASMRは睡眠導入に向いていると言われているんですね。

 

1/fゆらぎの可能性

1/fゆらぎ(f分の1ゆらぎ)とは自然界の音のゆらぎのことで、ピンクノイズとも呼ばれます。

例えば、ろうそくの火のゆれや、雨音のような一定のようで予測できない不規則な音のゆらぎのことを指します。
実は、私たちの心臓の音や細胞が生まれる感覚が1/fゆらぎのため、自然界に存在するゆらぎとマッチすることで身体全体が安心感を得るのです。

まだ科学的根拠は乏しいですが、ASMRにも1/fゆらぎが存在する可能性は十分にあります。

タイピング音や料理の音、咀嚼音など…これらの音は一定であるようで不規則ですよね。
このような音が知らず知らずのうちに1/fゆらぎを生み出し、それを私たちの脳がキャッチしていることでリラックスしているのかもしれません。

 

ASMRで眠くなる?のまとめ

ASMRにハマっている私たちにとって、ASMR体験の全てがリラックス効果を生み出していますよね(笑)
今日も疲れたなあと感じた日に、お気に入りのASMRを聴きながら眠る…想像しただけで、まったりとした心地良い気持ちになります。

いろんな理由を考察してみましたが、結果的にはやはり「好きだからリラックスできる」というところが大きいと思います。

ASMRでも好きではない音ならあまりリラックスできないですし、ASMR自体が苦手な人はきっと眠くならないでしょう。

好きなASMRを沢山見つけて、眠れない時に「あ!あのASMRを聞こう!」という自分なりの眠るための方法を持っておくと、より良い睡眠に繋がりそうですね。

参考にした資料

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )