人気ASMRtistが使用しているバイノーラルマイク&レコーダーの定番はこの3種

ASMRを配信してみる
人気ASMRtistが使用しているバイノーラルマイク&レコーダーの定番はこの3種

ASMR動画にハマると、自分でもASMRに挑戦したいとという気持ちが芽生えてきませんか?

ASMRを自分で配信してみたい(ASMRtist)と思っても、

  • 何から始めて良いのかわからない
  • 用意しなければいけない機材は何?

知識がない人にはとってもハードルが高そうなASMRの配信。
機材についてよくわからないし、集めるのって難しそうですよね。

そもそも、どんな仕組みで配信をしているのかも知っておかなけれいけません。

基本的に、ASMR配信に必要な機材は以下の3つだけです。

  1. マイク
  2. オーディオインターフェイス
  3. パソコンやスマートフォン、タブレット

どれも重要なもので欠かすことはできませんが、まずは音を集めるための「マイク」や「レコーダー」が必要になります。

マイクにも様々な種類があるので、なかなか一歩が踏み出せないですよね…
私もその一人だったのでとてもよく気持ちがわかります(笑)

基本的に、広域で録音をしたい方で取り入れやすいマイクは、コンデンサーマイクという高性能マイクが挙げられます。

立体的に音を録音することができるので、その空間にいるかのような感覚を得ることができるわけです。

ASMRは空間の再現が必要なため、コンデンサーマイクは活用できる機材ではありますが、更に一歩踏み込んでASMRを配信したい方におすすめなのが「バイノーラルマイク」なのです。

バイノーラルマイクとは?まずは仕組みを理解しよう

バイノーラルマイクとは?まずは仕組みを理解しよう

そもそも、バイノーラルとはなんなのでしょうか?

バイノーラルマイクを紹介する前に、「バイノーラル録音(英語:Binaural recording)」について説明したいと思います。

 

バイノーラル録音とは?

バイノーラル録音とは、人間の頭部の音響効果を再現するダミーヘッドやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く状態で音を記録する録音方式です。

人間が音を聞く際、音源から耳に届く音波と同時に自身の耳たぶや体の各部で複雑に反射した音波も合わせて聞いているとされています。

分かり易くいうと、ダミーヘッドと呼ばれる模擬人頭の耳の部分にマイクロフォンを埋め込んで録音するので、より「その場にいるような感覚」や「実際に体験している感覚」を得ることができるのです。

こういったバイノーラル録音の仕組みを見てみると、バイノーラルマイクはASMRにぴったりであることがわかります。

実際に、有名なASMRISTの皆さんはバイノーラルマイクを使っている方がほとんどです。
バイノーラルマイクを使えば、憧れのASMRのアーチストさんに近づけることは間違いありません。

 

ASMRtistに選ばれているバイノーラルマイク3選

それでは実際にどんなバイノーラルマイクがあるのでしょうか?

機材は何個も買えるものではありませんので、慎重に選ぶことが大切です!

今回は、有名なASMRtistに選ばれているおすすめのマイクを、厳選して3つご紹介していきます。

 

【DR-07X】はASMR配信に人気のレコーダー

メーカー TASCAM
本社所在地 アメリカ
商品名 リニアPCMレコーダー DR-07X
型番 DR-07X
質量 345g
電源 3単3形電池×2
画面サイズ 60mm

コスパ
使いやすさ
音質

大人気ASMRtistのハトムギさんも愛用されていることで有名なDR-07X。
ASMRを始めたいなら「まずはこれを買っておけば間違いない!」と言えるほどの定番マイクです。
オーディオインターフェースが内蔵されているため、必要な機材が2つぶん賄えてしまうコスパの良さです!
パソコンやスマホなどに直接音を送ることができるので、そのまま配信することが可能なのも人気の秘訣です。

 

【SCENES Lifelike イヤホンスタンド】はASMR配信に人気

メーカー GenHigh(ジェンハイ)
本社所在地 中国
商品名 SCENES Lifelikeイヤホンスタンド

コスパ
使いやすさ
音質
なんと、実際の人間の耳の形から型取りしたというリアルさがポイントのダミーヘッドスタンド。
全周360°で空間の音全体を録音することができるので、コンデンサーマイクのように立体感のある音を収録することができます!
ダミーヘッドに興味がある方は是非試してみてはいかがでしょうか。
  • Lifelikeマイクや3Dバイノーラル録音イヤホンは付いていません。

 

【DuoPop2.0 バイノーラルマイク】はASMR配信に人気

メーカー DuoPop2.0
本社所在地 オーストラリア
質量 640g
電源 単3形電池×2(付属)

【マイクスペック】

指向特性 全指向性
​セルフノイズレート 14dB
入力感度 -24dB +3dB at 1KHz(0 dB = 1V/Pa)
S/N比 80dB Typ. at 1kHz
Maximum SPL Input (THD<3%) 110dB

コスパ
使いやすさ
音質
超低ノイズで臨場感あふれるASMR録音が実現できる機材です。
擬似耳がシリコンで作られており、リアルな質感が追求されています。
そのため、バイノーラル録音の特徴である「耳たぶ・体の各部によって複雑に反射した音波」を再現しやすい機材になっています。
こちらはオーディオインターフェースが必要なため、配信についてどんどん学べるのもいいですね。

 

バイノーラルマイクのまとめ

お手頃な値段のものから本格的なものまでかなり幅があるバイノーラルマイク。
ひとまず手軽に始めてみたい方はTASCAMのDR-07Xから挑戦してみることがおすすめです。

他にも、コンデンサーマイクなどを2つ利用して録音するというオリジナルの方法もあります。
コンデンサーマイクについての記事もあるので、是非参考にしてくださいね。

ASMR配信は、とにかく環境がなければ始められません。難しい知識は配信をしていくうちにおのずと分かってくるものなので、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )